ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« コミックの主人公 | トップページ | 奉納 »

2008年11月 3日 (月)

最小目盛

ブログの管理人にとって自分のブログが人に読まれるのは嬉しいものだ。その意味でアクセス数にはいつも目を光らせている。時を経てアクセスがじわじわと増えて行くのを見守るのは、「キャラ育て系ゲーム」の醍醐味に似ている。アクセス系の記録が更新されるとついはしゃぎたくなるのだ。ブログが自らのブログの成長記録でもあるから、アクセス系のエポックには必ず言及したいのだが、あまりその頻度が増えるとブログの緊張感が低くなることもある。バランスが大事だ。

ブログ「ブラームスの辞書」では、アクセスネタが過剰にならないよう自主規制を設けている。定点を決めて、その間に起きたアクセス系のニュースを集約しているのだ。現在その定点は「10000アクセス」だ。アクセス1万ごとにトピックスに言及するというわけだ。昨年の今頃は1万アクセスの所要時間が2~3ヶ月だったからちょうどいい頻度だと思っていた。

このところ1万アクセスの所要時間がもっと短くなる傾向にある。1万だった最小目盛を2万あるいは5万に増やさないと、アクセスネタの頻度が上がってしまいかねない。つまりブラームスネタの濃度が下がるのだ。嬉しい悲鳴の一種である。

15万アクセスに達していながら、まだ16万には届かない今の時期がチャンスだ。

これを機会にアクセス数お祝い系の記事を5万アクセス毎にする。同時にこれはささやかな願掛けだ。20万アクセスが来年のブラームスの誕生日5月7日までに実現するようにブラームス神社にお願いする。そのためには毎日平均270のアクセスが必要だ。年度末のアクセス日照りを考えると簡単ではない。

パンパンパパン。

« コミックの主人公 | トップページ | 奉納 »

コメント

<ひふみ様

ありがとうございます。

ブラームス神社は信仰篤き皆様によって、支えられています。

私も本日2度目のお参りをさせていただきました。

<魔女見習い様

お参りありがとうございます。

お百度参りも受付中です。

願いを込めて、私は本日2度目のお参りをしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最小目盛:

« コミックの主人公 | トップページ | 奉納 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ