ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 調性の確定 | トップページ | 温度差 »

2008年11月11日 (火)

ヴィアドリーナ

大学祝典序曲のタイトルは「ヴィアドリーナ序曲」になっていたかもしれなかった。

ブレスラウの大学から博士号の授与の返礼として作曲された「大学祝典序曲」のタイトリングにブラームスがあれこれ腐心した様子が記録に残っている。

当時も今もブレスラウはけして田舎ではない。現在はポーランド領となっており、ポーランドではブレツワフと呼ばれているが、ブラームス存命中はドイツ領だった。ポーランド西部を北流し北海に注ぐオーデル川のほとりに開かれた街がブレスラウである。そしてそのオーデル川の古い呼び名が「ヴィアドリーナ」だったという訳だ。いかにもドイツっぽい「オーデル川」という名称に対して「ヴィアドリーナ」はイタリアの香りに満ちている。ローマに起原を遡れそうな感じである。

結局ブラームスは「ヴィアドリーナ」を採用しなかった。イタリア好きのブラームスではあるが、ドイツの学生歌が頻繁に現れる作品にイタリア風の命名をためらったのかもしれない。

« 調性の確定 | トップページ | 温度差 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴィアドリーナ:

« 調性の確定 | トップページ | 温度差 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ