ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« アクトゥス・トラジクス | トップページ | もうひとつのクレメンタイン »

2008年12月11日 (木)

葬送頌歌

音楽之友社刊行の「ブラームス回想録集」第2巻16ページ。ホイベルガーはブラームスとの出会いを回想する。

バッハの「葬送頌歌」を演奏したとき、ブラームスがオルガニストの手許をロウソクで照らしてやっていたと証言する。

ここに疑問がある。バッハの「葬送頌歌」とはいったいどの曲のことだろう。記述にはBWV番号が記載されていないから個体の特定が難しい。この本には巻末に作品索引がついていて大変重宝だが、その対象はブラームスの作品に限られている。バッハの作品は対象外だから役に立たない。ブラームス以外の作曲家の作品まで網羅した索引だったらお宝度は相当アップしたと思われる。

さて「葬送頌歌」と通称される作品はフランツ・リストには存在するが、バッハで見つけることが出来ない。ホイベルガーは「バッハの」と断言しているからリスト作曲ではあり得まい。

第一の候補はBWV198の「候妃よ、さらに一条の光を」だ。「Trauer Ode」と通称されているから、我が家の解説書では「哀悼頌歌」とされている。「Trauer」の訳語として「葬送」が間違いとも言えないから「葬送頌歌」とされたのかもしれないが、リストの作品と紛らわしいこともまた事実だ。

さらに昨日の記事の主役「アクトゥス・トラジクス」の可能性は無いのだろうか。話題になったカンタータ106番の通称「Actus Tragicus」が「葬送頌歌」と表現されている可能性だ。とはいえ「頌歌」は大抵「Ode」の訳語だから、この説はどうにも旗色が悪い。

« アクトゥス・トラジクス | トップページ | もうひとつのクレメンタイン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葬送頌歌:

« アクトゥス・トラジクス | トップページ | もうひとつのクレメンタイン »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ