ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ソロコン | トップページ | 賽銭泥棒 »

2009年1月14日 (水)

mit Laune

もちろんドイツ語だ。「mit」は英語でいうところの「with」に近い。「Laune」は「気まぐれ」と解される。「気まぐれに」というのが一般的な理解となる。これでもちろん罰点はない。

ブラームス晩年の歌曲「Slamander」op107-2冒頭に出現する。作品番号付きの作品ではここが唯一の出番だ。シンプルな8分音符の伴奏がさめざめとした寂寥感を添えている。音楽之友社刊行の「ブラームス歌曲対訳全集」第2巻の263ページの曲目解説にこの「mit Laune」についての言及がある。曰く「見せかけの陽気さで」とある。

独和辞典を引いても「Laune」単独で「陽気な」という意味は見当たらない。

そこで1861年レムケが発表したテキストの意味を吟味すれば一層味わいが深まる。「Salamander」は火の中に投じられても死なないという伝説上の動物だ。好きな女から火の中に投じられるかのような仕打ちを受けている男が、自嘲気味に歌うという内容なのだ。そもそもここで言うところの「気まぐれ」には愛する女性の仕打ちを暗示する意味があると思われる。歌の後半でイ長調に転じて明るさを増すことで、その自嘲的な意味合いはさらに増強される。一般に「恋の歌」が陽気であるなら、それは恋の成就なり喜びなりの描写になりそうなものだが、ここではその逆を行っている。

先の解釈「見せかけの陽気さで」というのはここいらの事情を加味した意訳だと思われる。何だか妙な説得力がある。

« ソロコン | トップページ | 賽銭泥棒 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: mit Laune:

« ソロコン | トップページ | 賽銭泥棒 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ