ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 本末転倒 | トップページ | ひそやかに月は昇りて »

2009年1月31日 (土)

シューベルト交響曲全集

1884年と1885年の2回に分けてブライトコップフ社は、シューベルトの交響曲全集の楽譜を出版した。

今日がシューベルトの誕生日であることだけが、この記事を掲載した理由ではない。実は、このときのシューベルト全集の校訂にブラームスが深く関与していた。おのおのの巻にブラームスの名前は書かれていないものの、編集委員会に参画していたらしい。

音楽之友社刊行の「作曲家◎人と作品シリーズ」のブラームスのあとがきにおいて、著者西原稔先生が、いみじくも指摘しておられる。「楽壇を2分した論争の当事者」「ベートーヴェンの後継者」という面だけの解釈でよいのかという問題提起に続き、今後は「シューベルトの後継者」としてのブラームスという面からいっそう研究が展開されるべきだと力説されている。

本当はカテゴリー「シューベルト」があってもバチが当たらないくらいなのだと思う。

« 本末転倒 | トップページ | ひそやかに月は昇りて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シューベルト交響曲全集:

« 本末転倒 | トップページ | ひそやかに月は昇りて »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ