ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 仮置き | トップページ | 生まれながらの言語 »

2009年1月28日 (水)

歌曲の曲順

ブラームスは約200曲の歌曲を38の作品番号に分けて出版している。作りだめした作品を適当な数取りまとめて出版していたと思われる。その取りまとめ方に何らかの規則性や意図がありはしないかというのが本日のお題である。

一般的なアーティストがリリースするアルバムは、収録する曲もさることながら、その曲順にも十分な配慮がされているのが普通である。たとえばビートルズの「Yesterday」は、「Help」というアルバムに収められているが、これだけの名曲でありながら、B面ラストから2曲目という地味な位置に置かれていた。また「A hard day's night」のA面は曲順が絶妙である。

  1. A hard day's night
  2. 恋するニ人
  3. 恋に落ちたら
  4. 素敵なダンス
  5. And I love her
  6. Tell me why
  7. Can't buy me love

この順番丸ごと世界遺産にしたいくらいである。

ブラームスの歌曲のとりまとめ方に意図は無いのだろうか?「ティークのマゲローネのロマンス」op33はストーリー性があって当然である。この手のチクルスは別格としての話である。

私にとってビートルズの「A Hard days night」に匹敵するのが、作品86の6曲だ。

  1. テレーゼ Therese
  2. 野の寂しさ Feldeinsamkeit
  3. 夢に遊ぶ人 Nachtwandler
  4. 野を渡って Uber die Heide
  5. 沈潜 Versunken
  6. 死への憧れ Todessehnen

ブラームスに積極的な意図があったとは思えないが、この並びは美しい。

« 仮置き | トップページ | 生まれながらの言語 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌曲の曲順:

« 仮置き | トップページ | 生まれながらの言語 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ