ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 三が日の人出 | トップページ | しみじみ嬉しい »

2009年1月 5日 (月)

狼煙

「のろし」と読む。「烽火」とも書くようだ。高い山の頂上など見通しの利くところで火を焚いて特定の意図や事実を遠隔地に伝える方法のことだ。現代ほど通信手段が発達していなかった時代における重要な通信手段だ。軍事目的で使われたことは疑う余地がない。敵の出方に対する機敏な反応こそが勝ち戦につながるのだ。単なるご機嫌伺いの狼煙は考えにくい。

だから時として反撃の狼煙という言い回しが見られる。劣勢から挽回に転ずる分岐点を指す。

昨年12月27日の記事「呆然自失」でブログの継続目標に到達するまでの道のりの長さに狼狽した。呆然が闘志に切り替わるまでに時間がかかるとも述べた。ところが思いがけず励ましのコメントを頂戴した。おかげさまで年も改まり気分を一心することが出来た。

昨年後半を支えた大型企画「地名探検」が「ブラミシュラン」をもって一段落したことを受けて、今年上半期のテーマを決めた。それは「歌曲」だ。1月3日には、暖かいコメントへの御礼を込めて第一弾「佳き人よく見」を公開した。

つまり反撃の狼煙である。目標到達までの残り日数は8887である。つまり記事の必要本数は8888本ということになる。縁起がいい。

今日は新年仕事始め。

« 三が日の人出 | トップページ | しみじみ嬉しい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 狼煙:

« 三が日の人出 | トップページ | しみじみ嬉しい »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ