ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 重大ニュース | トップページ | 催事コーナー »

2009年1月 1日 (木)

ブラミシュラン

ブラームスの伝記には食事のシーンが数多く現れる。音楽界の大御所の割には慎ましやかな生活をしていたとされるブラームスだが、おいしいものは好きだった。独身だったこともあって食事は外食中心である。昨年7月以来取り組んだ地名探検の副産物として派生したのが本日のネタだ。

ブラームスの伝記に現れるカフェやレストランの一覧表を作成した。これのどこが正月にふさわしいのかわからぬが、地名に明け暮れたここ半年の総括として公開する。ネタの出所は音楽之友社刊行の「ブラームス回想録集」全3巻である。

ミシュランはタイヤメーカーとして名高いが、むしろレストランガイドの発行元としての知名度もこれに劣っていない。本日の記事はレストランを序列化こそしていないが、これにあやかってブラームスミシュランと位置づける。ブラミシュランはその省略形である。

  1. 赤いハリネズミ ウィーン・ヴィルトプレートマルクトにあるブラームスのお気に入り。どんな伝記にも必ず現れるポイント。シューベルトの伝記にも現れるが住所が違っている。
  2. ヴァルターカフェ イシュルのカフェ。1894年か95年の夏にフローレンスメイと立ち寄っている。
  3. ヴィザヴィ ウィーン国立歌劇場のカフェ。ゴルトマルク等と夜中まで歓談。
  4. ヴィルツハウス 1896年秋体調を崩して訪れたカールスバートのレストランと思われる。
  5. 美しいランプ亭 ウィーン市内。1860年代の行きつけだった。
  6. エールバーの小さなピアノサロン 正式名称不明。ピアノメーカー「エールバー」のサロンだ。第3交響曲の2台のピアノ版の演奏のあとそのまま食事になだれこんだと、ホイベルガーが証言する。
  7. ガウゼ ウィーン・ヨハネスガッセのレストラン。
  8. 楽友協会レストラン 正式名称不明。1894年4月23日ヘンシェルを交えた会食があった。
  9. 金の鐘亭 ウィーン7区ノイバウガッセ。金の球亭との混同があるかもしれぬ。
  10. 金の球亭 金の鐘亭との混同があるかも。
  11. 熊亭 正式には「ベーレン」という。リヒテンタールの宿屋兼レストラン。ここの女将に色紙を贈った。
  12. クレムザー 1892年11月28日にホイベルガーと立ち寄ったウィーンのカフェ。
  13. ホテル・ザッハー 1886年11月24日 チェロソナタ第2番初演の打ち上げ。
  14. ジェニオ ローマはトレビの泉に程近いカフェ。1888年のイタリア旅行で訪れた。
  15. 鹿亭 1896年5月6日、63歳を祝うパーティがあった。
  16. シュテーク亭 イシュル近郊のシュテーク、トラウン川沿いのレストラン。
  17. シュテルツァー ウィーン郊外ロダウンにある。ホイベルガーとのピクニックでしばしば立ち寄った。
  18. チェコ グラーベン通りのカフェ。ゴルトマルクがブラームスと初めて会った。
  19. 地下ビアホール 正式名称不明。1868年4月10日ドイツレクイエム初演の打ち上げだからブレーメンのどこかだろう。
  20. チボリ ウィーン・シューンブルン宮殿のそば。
  21. チャールダ プラーター公園の中にあるハンガリー風居酒屋。女性楽団「リヒター」の演奏がお気に入りだった。
  22. 鉄道亭 ミュルツシュラークのレストラン。駅の構内だと思われる。
  23. カフェ・パウアー ウィーンオペラ座の向いにある。
  24. ハッケル ゴルトマルクと1882年8月21日に昼食をとった。
  25. ハンブルクの酒場 名称不明。10代のころアルバイトでピアノを弾いた。一軒ではないことも考えられる。
  26. ファーンベルクのホテル 名称不明。リューゲン島滞在中のヘンシェルの宿。ブラームスがやってきて昼食をとった。
  27. ポスト イシュルのホテル。1895年6月11日ホイベルガーに食事をおごった。
  28. 緑の樹亭 ミュルツシュラークだ。ブラームスの隣家が火災になった時、危なく救い出した第4交響曲の楽譜を一時保管したところ。
  29. ミュルツターラーホーフ ミュルツシュラークのホテル。

あけましておめでとうございます。

« 重大ニュース | トップページ | 催事コーナー »

コメント

<mayoneko様

あけましておめでとうございます。

残念ながらCD持ってません!!

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。本年も素敵な記事を楽しみにしています。

例のヨアヒム~の曲をお聴きになったら是非ご感想をお聞かせくださいね

<アリア様

あけましておめでとうございます。

ドイツへご旅行の際、お持ちいただけるとは光栄です。ついでにタイムマシンも是非ご用意ください。

あけましておめでとうございます。
ドイツへ行くときは、ブラミシュラン持参ですね。
おみくじは大吉でした!
ありがとうございます。

<もこ様

あけましておめでとうございます。

私もときどき「待て」と言われます。

本年もご愛顧のほどよろしくおねがい申し上げます。

あけましておめでとうございます。
ブラームス神社で初詣させて頂きました。
今年も楽しみにしております。

追伸。おみくじ早く引きすぎて「おちつけ」と叱られました(笑)

<魔女見習い様

あけましておめでとうございます。

「小吉」はメゾフォルテくらいでしょうか。

あけましておめでとうございます。

おみくじ。
私は「小吉」で「まあまあ」でした。
「末吉」が「poco f」だと、「小吉」は?

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

<ひふみ様

お参りありがとうございます。

私は「末吉」つまり「poco f」でした。

本年もよろしくお願いいたします。

明けましておめでとうございます。

予定通りブラームス神社に初詣させていただきました。
引いた御神籤は「ちょっとラッキー中吉」でした。
とてもよいお札だと思います。

本年も宜しくお願い申し上げます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラミシュラン:

« 重大ニュース | トップページ | 催事コーナー »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ