ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 言行不一致 | トップページ | 共通の話題 »

2009年2月 8日 (日)

発想の転換

地球の表面の7割は水である。海と言い換えてもよい。人間のような陸生の生き物にとっては、海は未知の世界だ。一般に海はあくまでも隣の大陸や島への通路であり、生活の現場ではない。地球上最大のユーラシア大陸さえ海に浮かんでいると見えなくも無い。

地球は客観的に見れば海の惑星なのだと思う。

私はブラームスの作品の扉を第二交響曲が開け、その後管弦楽、室内楽、ピアノという具合にひたすら器楽作品に親しむことによってブラームスへの傾斜を深めてきた。たしかにその分野に優秀な作品を残していることは否定出来ないブラームスだが、「作品の数」に話を限定すると声楽曲の方が圧倒的に多い。本日の記事冒頭のたとえで言うなら、ブラームスの器楽曲を探訪するのは、声楽曲の海に点在する島を巡るようなものだ。たしかに作品76から作品81までは、連続して6作品器楽曲が続くし、作品98の第四交響曲の後は4曲連続して器楽曲だ。しかしこれらの「器楽列島状態」はむしろ例外である。第3交響曲の後は、第4交響曲の出現まで器楽曲は現れない。特に独唱歌曲は、ブラームスの創作人生全般に満遍なくばら撒かれて下地を形成している。

「ブラームスの辞書」の執筆の頃、意識的に声楽曲を聴くようになって、それが実感できた。残念ながら器楽曲に比べて声楽曲は相対的に無視されている。器楽曲だけに親しんでいた頃には判らなかった諸般の事情がうっすらと判りかけてきた。声楽曲の魅力に取り憑かれるようになって、器楽曲の隠れた一面に気付かされたことも少なくない。あのまま声楽曲の魅力に気付かずに一生を終えていたら取り返しのつかない損失だった。

もちろん「ブラームスの本質は歌曲である」とまでは断言しないが、やはり「海あっての陸地」「陸地あっての海」だと思う。

« 言行不一致 | トップページ | 共通の話題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発想の転換:

« 言行不一致 | トップページ | 共通の話題 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ