ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ヘビースモーカー | トップページ | アリア »

2009年2月23日 (月)

花の1685年組

1685年2月23日つまり324年前の今日、ドイツはハレでゲオルグ・フリードリヒ・ヘンデルが生まれた。バッハは同年3月21日アイゼナハで生まれているから、2人は同い年ということになる。日本風に言う学年も同じだ。

ブラームスのバッハへの傾倒はブログ「ブラームスの辞書」でもさんざん言及した。カテゴリー「65 バッハ」に集約されている。

本日話題のヘンデルもブラームスに因縁がある。作品24を背負う巨大な変奏曲のテーマをブラームスに供給したのがヘンデルその人である。バッハとならぶバロック期の巨匠に対してブラームスも相応の敬意を払っていた。ヘンデル研究の第一人者クリュサンダーとブラームスの交友は有名だ。このクリュサンダー編による「ヘンデル全集」の全巻を予約している。

実はブラームスが贔屓にしていた作曲家の中にもう一人1685年生まれがいる。10月26日にイタイア・ナポリで生まれたドメニコ・スカルラッティだ。残念ながらバッハやヘンデルと学年は違う。

作品72-5の歌曲「とてもかなわない」は冒頭にスカルラッティのテーマが引用される。古楽譜収集家ブラームスの自慢のコレクションの一つにスカルラッティのソナタの初版本が含まれている。さらにピアノレッスンの教材としてスカルラッティのソナタをしばしば選んでいる。

ブラームスはざっと150年先輩の1685年組への敬意を片時も忘れず、自らの創作にいきいきと取り入れていた。

« ヘビースモーカー | トップページ | アリア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花の1685年組:

« ヘビースモーカー | トップページ | アリア »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ