ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 鋭い質問 | トップページ | リートの競作 »

2009年2月16日 (月)

かする

物と物が衝突する場合、「ぶつかる」と表現される。ぶつかった結果、当事者が壊れることもある。これに対して本日のお題「かする」は、接触はあるものの、両者はさしたるダメージを受けないというニュアンスだ。日本語は難しくかつ繊細だ。これが「かすめる」となると両者は接触しないというイメージになる。ごく近くを通過しながら接触は無かったという感じだ。

転じて旋律や和声の動きを言葉で表す試みの中で「ぶつかる」「かする」「かすめる」が、しばしば用いられる。

半音関係の音は「ぶつかる」と形容される。

ブラームスの作品を論じる際「かする」「かすめる」は旋律の流れや和声の移ろいを表現する時に重用されている。長調の旋律の中で一瞬短調が仄めかされた場合「かする」「かすめる」と形容される。あるいはその逆、短調の中に一瞬差し込む長調の光の形容だ。

弦楽六重奏曲第1番第1楽章17小節目のDにフラットが忍びよるとき、あるいはピアノ四重奏曲第3番第3楽章冒頭小節の3拍目のCisに寄り添うナチュラルだ。第1交響曲第2楽章の2小節目ホルンのGにも心動かされる。

無論こうした「かする」「かすめる」の実例を「ブラームスの辞書」でも拾いきれてはいない。いくらでも思いつくのだからきりがない。

何よりも大切なのは、こうした場所は大抵ブラームス節の急所になっているということだ。

« 鋭い質問 | トップページ | リートの競作 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かする:

« 鋭い質問 | トップページ | リートの競作 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ