ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 五年皆勤 | トップページ | 奇遇 »

2009年3月11日 (水)

マルキーレン

ヘルムート・ドイチュ先生の著書「伴奏の芸術」を読んではじめて知った言葉だ。

楽譜に従って音をなぞって歌うことらしい。ソルフェージュとは区別されるし、歌手ほどの厳密さも要求されないらしい。けれどもオペラを学ぶ過程では必須だそうだ。

テキストと旋律がある作品についてそれをマイペースでトレースすることだと拡大解釈している。厳密さが要求されないとなると途端に私の出番が多くなる。いわゆる鼻歌だったら日常茶飯である。テキストがない室内楽、管弦楽および器楽曲、の冒頭旋律は全部歌える。ワルツとハンガリア舞曲には少々あやふやな作品もあるが現在修行中である。歌曲もかなりこなせると思う。おかげで街中で、ふとしたはずみでブラームスの旋律が聞こえる時があるが、瞬時にタイトルに結びつく。

マルキーレンを「鼻歌」と訳しては申し訳なさ過ぎるが、私の中では区別がつきにくい。

« 五年皆勤 | トップページ | 奇遇 »

コメント

<yoppy様

おおおお。そりゃすごい。レッスンに立ち会って譜めくりですとな。

ドイチュ先生は「ブラームスの辞書」の恩人です。詳しくはリンク貼っときますのでご覧下さい。ご夫妻に「ブラームスの辞書」を差し上げました。

ご近所とな。もしかすると何回かすれちがっているかも。

路上鼻歌は慎まねば。。。。

まったく記事の内容に関しての知識は無いのですが、
若かりし頃(はるばる、ざっくり20年くらい前)、師事していた声楽の先生が、ときどきヘルムート氏のレッスンを受けていたことがあって、親しくされていて、私もそういうときはご同伴して、譜めくりなぞさせていただいたことがありました。
プチ自慢ですみません。
こんなご本をしたためられていたことも、まるで知りませんでした!
そんなこんなで、声楽勉強してましたが、音大にも行かず。
素人の横好きおばさんになった私。
アルトのパパさんと同じく、子供と音楽の話ができることを幸せと感じる、平凡な主婦に成り果てております。
(しかも、アルトのパパさんとは、相当なご近所です。。。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルキーレン:

« 五年皆勤 | トップページ | 奇遇 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ