ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« いやはや何ともお宝 | トップページ | マリー・シューマン »

2009年3月 1日 (日)

歌のあるスケルツォ

作品6-4を背負った「Juchhe」という歌曲だ。何の迷いも無くただひたすら美しい自然を賛美する。屈託のないテキストに与えられた音楽はまさにスケルツォだ。

「Con moto」の8分の6拍子で弾む変ホ長調。「sempre pp leggiero e staccato」で8分音符が数珠つなぎに駆け巡る。ピアニストが一人で練習しているところを聴かされたらスケルツォと勘違いしかねない。

ブラームスのスケルツォには不思議な法則がある。スケルツォが8分の6拍子の時は、必ずハ短調になっているのだ。「Juchhe」がハ短調の平行調の変ホ長調だというのは何だか頼もしい。

小鳥のさえずりやホルンの信号、そして楽しげな踊りがてんこ盛りである。とどめは56小節目だ。ブラームス唯一の用語「f sostenuto ma」が出現する。「sostenuto ma f」の倒置形と解されようが、とてもやんちゃで破天荒だ。

テキストを読む限り季節は特定出来ないが、何だか春のような気がする。

« いやはや何ともお宝 | トップページ | マリー・シューマン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌のあるスケルツォ:

« いやはや何ともお宝 | トップページ | マリー・シューマン »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ