ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 家計簿の後継ぎ | トップページ | テキスト採用ランキング »

2009年3月 7日 (土)

ウイーンフィル

もちろんウイーンフィルハーモニー管弦楽団のことだ。サッカーの世界のようなオーケストラランキングがあったら間違いなく上位の常連である。

1842年創設のウイーンフィルは、幾多の指揮者とともに数えきれない伝説を残している。ブラームスが後半生に身を置いたウイーンのオケだからブラームスとの関係は大変密接だ。2番と3番の両交響曲がハンス・リヒターによって初演されている。ウオルター・フリッシュ著、天崎浩二訳「ブラームス4つの交響曲」(音楽之社刊行)の63ページに興味深いデータがある。

1842年の創立から1974年までの132年間で、さまざまな交響曲をウイーンフィルが取り上げた頻度だ。第1位はベートーヴェンの5番で52回だ。ブラームスの各交響曲は以下の通りである。なんだか少ない気もするが、他の作品との相対比較なら問題なかろう。

  • 1番 33回
  • 2番 33回
  • 3番 26回
  • 4番 33回

これらの上を行くのはベートーヴェンの終わりの7曲とシューベルトのグレートの計8曲だけだそうだ。1870年代の後半になるまでブラームスの交響曲は生まれていなかったことを考えると、驚異的である。

4番33回のうちに数えられているか不明だが、1897年3月7日のハンス・リヒター指揮による演奏は名高い。体調不良のブラームスを会場に迎えたのだ。ブラームスの命はこの時残り1ヶ月を切っていた。

満場の聴衆はブラームス本人の来場を知り万雷の拍手でブラームスを讃えたという。この演奏会に言及する記事はどれをとっても感動的である。

今からちょうど112年前の今日の出来事だ。

« 家計簿の後継ぎ | トップページ | テキスト採用ランキング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウイーンフィル:

« 家計簿の後継ぎ | トップページ | テキスト採用ランキング »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ