ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« カンタータの備蓄 | トップページ | ヴァルトシュタイン »

2009年4月13日 (月)

大学祝典序曲吹奏楽版

CDショップを訪れた際の徘徊場所がこのところ増えた。トロンボーンや吹奏楽の売り場に立ち寄ることが多い。

怖い物見たさ半分である。ハンガリア舞曲程度なら慣れても来たが、大学祝典序曲の吹奏楽版を発見して、即買いした。オケの有名曲の吹奏楽版がかれこれ10曲以上入って1200円とはお得である。

CDのラベルには吹奏楽版とあったが、実質金管楽器と打楽器だった。

次女は、オリジナルの大学祝典序曲を知らない。それでも楽しいと言っている。オケ版では全く感じないスリルが感じられる。ブラバンの超絶技巧を堪能できるのだ。トランペットの音色のコントロールが自在で、クラリネットやオーボエがいるかのよう。それから恐るべきはユーフォニウムだ。色艶が半端ではない。そして次女ならではの着眼「なんだかチューバがよく聞こえる」とポツリ。

鋭い。オリジナルの大学祝典序曲はブラームスで数少ないチューバ入り作品である。

何よりの収穫は、これ1曲で次女と会話が弾むことだ。

« カンタータの備蓄 | トップページ | ヴァルトシュタイン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大学祝典序曲吹奏楽版:

« カンタータの備蓄 | トップページ | ヴァルトシュタイン »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ