ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« エルベの東 | トップページ | 大学祝典序曲吹奏楽版 »

2009年4月12日 (日)

カンタータの備蓄

バッハの残した教会カンタータの数のお話だ。約200が現存するが、300はあったはずだとされ100が散逸したというのが定説である。その300の根拠が本日の話題である。

バッハが勤め上げた教会のカントルの仕事は、教会の祝日にカンタータを提供することが含まれる。教会の祝日は教会暦で細かく定められており、その日ごとの意味がある。ミサではその祝日にふさわしいカンタータが演奏された。たいていは年間59日だ。年59種のカンタータに自作を供給するのが責務だ。バッハの死後作成された故人の業績を記した書物には、バッハは5年分のカンタータを書いたとされている。年59作が5年分で約300という計算だ。ライプチヒ時代のカンタータはこの教会暦に忠実に作られ、最初の2年はほぼ完璧らしい。職務とはいえ凄いペースだし、それでいてあの多彩さには驚くばかりだ。3年目以降ペースが落ちる。旧作の改訂でつなぐことも多くなる。

ブログ「ブラームスの辞書」の記事の備蓄はようやくその2年分に達した。あれだけのカンタータを毎週生み出し続けたバッハには及ぶべくもないが、記事の備蓄なりの苦労もある。カンタータの備蓄と違って毎日1本減ってしまうから、数値を維持するには一日1本の記事を思いつかねばならない。ブログを始めて4年の間に、6年分の記事が書けたことになる。このペースが維持できれば、2025年には2035年までの記事が書ける計算だ。目標の2033年5月7日までの記事なら、達成はもう少し早まるハズだ。

今はやれそうな気がしている。

« エルベの東 | トップページ | 大学祝典序曲吹奏楽版 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンタータの備蓄:

« エルベの東 | トップページ | 大学祝典序曲吹奏楽版 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ