ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 作品の整理 | トップページ | マーラーの眼鏡 »

2009年4月24日 (金)

歌姫

歌の上手い女性という程のぬるい定義でお茶を濁す。

優れた演奏家が作曲家の創作意欲を刺激してきたことは、音楽史をひもとけばただちに見当がつく。ブラームスも例外ではない。器楽の分野ではピアノのクララ・シューマン、ヴァイオリンのヨアヒム、クラリネットのミュールフェルトなどがその代表だ。

声楽の分野にもいた。とりわけ優れた女性歌手がプロ、アマを問わず入れ替わり立ち替わりブラームスの周辺に現れた。そして時々それは恋の予感とセットだった。

  1. アガーテ・フォン・ジーボルト ご存知、元婚約者だ。初期のいくつかの歌曲に彼女が霊感を運んできたことが確実視されている。ヨアヒムも絶賛の実力者。
  2. ベルタ・ポルプスキー ハンブルク女声合唱団の有力なメンバーの一人。彼女の出産祝いに贈られたのが「ブラームスの子守歌」だ。
  3. ルイーゼ・ドゥストマン ウィーン宮廷歌劇場の歌手。熱心にウィーン進出を勧めた。
  4. アマーリエ・ヴァイス 優れた歌手。後のヨアヒム夫人だ。ブラームス好みのコントラルトで、いくつかの作品にインスピレーションを与えたようだ。
  5. オティーリエ・ハウアー 誰かがクリスマスに彼女をさらって行かなかったら自分がバカなことをしていたかもしれないと回想する魅惑の人。結婚の可能性で申せばかなりのレベルだったと思われる。
  6. ヘルミーネ・シュピース 50代のブラームスと結婚の噂まであったソプラノ歌手。op105あたりに霊感を与えたらしい。
  7. マリア・フェリンガー ジーメンス社ハプスブルク支社長夫人。アマチュアだが、相当な実力の歌手。夫の伴奏でブラームス作品を歌いまくったという。
  8. アリーチェ・バルビ 結婚の噂にこそならなかったがメロメロのブラームスだ。彼女と過ごすために夏のイシュル行きを延期するなど、朝飯前だ。結婚を機に引退する彼女の告別演奏会で、突発的に伴奏を引き受けサプライズを自演するほどの入れ込みだ。

« 作品の整理 | トップページ | マーラーの眼鏡 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌姫:

« 作品の整理 | トップページ | マーラーの眼鏡 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ