ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 歌姫 | トップページ | 少年の魔法の角笛 »

2009年4月25日 (土)

マーラーの眼鏡

私は眼鏡をかけている。中学3年の時からだ。今の眼鏡にしたのはおよそ3年前だ。

長女が不意に「パパの眼鏡、マーラーに似てる」と言い出した。高校入学からかれこれ2週間になる。たしかにその通りな小振りの丸眼鏡だが、3年前から愛用しているのに何で今頃と思った。「何で?」と水を向けると、音楽の教科書にマーラーの肖像が載っているらしい。中学の教科書には無かったと言っている。そういえば世の中に流布するマーラーの肖像は眼鏡がある。むしろ眼鏡無しのマーラーなんぞ見たことがないくらいだ。

さてさてブラームスは近眼、それもかなりの度数だったことは、よく知られている。状況に応じて眼鏡をかけていたと、複数の証言がある。けれども眼鏡をかけたブラームスの絵や写真は伝わっていないように感じる。もし伝わっていたら、きっと似た形の眼鏡を買い求めるに決まっている。残念だ。

仕方なくマーラーの眼鏡で我慢だ。我が家の長女の名前はそのグスタフ・マーラーの妻に因んだものだ。

今までは自分の名前について、何やかやと文句を言ってきたが、最近風向きが変わった。高校入学直後ということもあって自己紹介の機会が多い中、一度で覚えてもらえると言っている。クールな言葉遣いだが、顔は満更でもなさそうだった。名前を付けた私まで嬉しくなる。

そして何はともあれ長女が高校の芸術科目の選択にあたり書道、美術を押しのけて音楽を選んだことを喜びたい。

« 歌姫 | トップページ | 少年の魔法の角笛 »

コメント

<ひふみ様

ありがとうございます。

選択の根拠は謎のままですが、結果オーライでじっと時を待つことにいたします。

私も高校の芸術科目には迷うことなく音楽を選択しましたよ。
私の場合は絵も字も書けなかったからにすぎませんが、
ご長女さんの場合は、多分違っているでしょうね。
いずれにしても良かったですね。
パパさんの嬉しさがよくわかりますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マーラーの眼鏡:

« 歌姫 | トップページ | 少年の魔法の角笛 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ