ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« カルベック | トップページ | イブに聴きたいブラームス »

2009年5月 5日 (火)

谷の百合

「谷の百合」とはつまりスズランのことだ。高等学校の校歌の歌詞に出てきたおかげで知っている。

ブラームスの交響曲を年代順に列挙する。

  • 第1番ハ短調op68 1876年
  • 第2番ニ長調op73 1877年
  • 第3番ヘ長調op90 1883年
  • 第4番ホ短調op98 1885年

完成年を見ると2曲一組と見ることも可能だ。

不思議なことがある。1番と2番の間に69、70、71、72という4つの作品番号が存在するが、全て独唱歌曲だ。同様に3番と4番の間には7つの作品番号が存在しているが、全て声楽曲(独唱歌曲、合唱、重唱)になっている。ペアになっている2つの交響曲の間に器楽作品が発表されていないということに他ならない。ペアとなる交響曲同士お互いを補完しあっていると指摘されていることを裏付けているような気がする。交響曲の構想を練っている間、片方に盛り込みきれなかったアイデアをもう片方に反映させているという説は魅力的である。その間声楽曲を作る以外は交響曲に没頭しているブラームスの姿勢の裏返しと思われる。

2つの交響曲に挟まれた声楽作品は、谷間のユリを思わせる可憐な作品が多い。

« カルベック | トップページ | イブに聴きたいブラームス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷の百合:

« カルベック | トップページ | イブに聴きたいブラームス »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ