ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 方言 | トップページ | 難解なテキスト »

2009年6月22日 (月)

おお涼しき森よ

作品72-3を背負って変イ長調、2分の3拍子、Langsamでゆったりと歌われる森の描写。どんな演奏でも最大2分半。楽譜にして2ページ全長25小節の小品ながら退屈することがない。

森の描写のようでいて実は、その森の中を歩む恋人への呼びかけだ。テキスト側の表現の肝にあたる「im Herren tief」(心の奥深くで)の部分、楽譜にして11小節目から2小節間、音楽は意表をつく変ヘ長調に転ずる。Dに付与されるナチュラルの色艶を一瞬味わった後、半音上のEsにせり上がって冒頭主題が回帰するあたり、醍醐味である。

8小節目に「おや」という場所がある。冒頭の「B」の音の上に小さな音符で「F」が記載されている。直前の音「C」から全音下がる「B」がメインルートなのだが、「F」への4度跳躍も認められているということだ。

我が家の10種のCDのうち、「F」に跳んでくれているのは以下の3人だ。

  • エリー・アメリング
  • トマス・クヴァストホフ
  • 小松英典

「夕立」でただ一人影譜を歌ってくれていたロベルト・ホルは今回はノーマルだった。

« 方言 | トップページ | 難解なテキスト »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おお涼しき森よ:

« 方言 | トップページ | 難解なテキスト »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ