ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 雨上がり | トップページ | タイトルと歌い出し »

2009年6月13日 (土)

ベタな展開

「よくある展開」程度の意味なのだが、若干ネガティブなニュアンスがこもっている。「ベタな展開ですみません」等の言い訳とセットで用いられることが多い言い回しだ。ストーリーのあるパフォーマンスにおいて、受け手に先を読まれるのはリスクが大きい。意外な展開こそが待望されているというのは一面真実を含んでいる。

一方で勧善懲悪をコンセプトにした時代劇が、展開を読まれながらも長寿番組になっているケースもある。この場合は概して「ベタな展開」とも「マンネリ」とも称されず、むしろ「伝統」と解される。両者の境界は混沌としている。

梅雨入りを合図に雨に関連する記事を3本続けた。「ベタな展開」かもしれぬ。

さて現在進行中の歌曲特集は5月10日の記事「愛鳥週間」の中で、お得意のリスト化ネタを無理矢理愛鳥週間にこじつけた。これは「ベタな展開」ではないと自負している。ブログ「ブラームスの辞書」の古くからのコアな読者でも、この展開を読めていた人はいないと思われる。

その先の「動物索引」は、ブラームス歌曲のテキストに現れる鳥の優位性を云々する展開から予測していた読者もいると思う。ましてそれに続く「バラ」「植物索引」は、半ば必然だったから、この瞬間「ベタな展開」と思われてしまった可能性もある。

しかしその後の「色彩索引」は、再び読みをはずす展開だ。ブログ「ブラームスの辞書」恒例のリスト化ネタの連発だ。そしてこれは「四色問題」を経て一連の「野のさびしさ」ネタに至る序章でもある。最愛の歌曲について語る前のちょっとした準備に相当する。

4月中旬に10日間の休憩を頂戴した間に、このあたりの流れを整理した。

« 雨上がり | トップページ | タイトルと歌い出し »

コメント

<魔女見習い様

そうおっしゃっていただくと気が楽です。

常連さんもそうでない方も、それら全てをひっくるめてお楽しみいただければ幸いです。

アルトのパパさんらしいってこと。

<魔女見習い様

「でしょ、でしょ」と無邪気に舞い上がってよいのか自信が持てません。

さりとて、今更このノリを放棄する勇気もなく、きっと今後もこの調子で粛々とブログが続くのだと愚考いたしております。

もはやビョーキです。

さすが!
ブラームスっぽい薫りが漂う記事構成ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベタな展開:

« 雨上がり | トップページ | タイトルと歌い出し »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ