ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 最長のイントロ | トップページ | 雨の歌 »

2009年6月10日 (水)

梅雨入り

温帯東アジア地方特有の雨季のこととでも言うのだろう。春から夏の変わり目に相当する。しとしとと長続きする雨が特徴だ。

絶対音楽の旗手として標題音楽に背を向けたブラームスだから「私は雨を表現したんですよ」とは一切表明していないものの、事実上雨を表現した作品も散見される。

  1. ドイツレクイエム第2曲106小節目。人呼んで「旱天の慈雨」である。フルートとハープのアルペジオが効果的だ。
  2. 「永遠の愛」op43-1 45小節目からのピアノ右手の3連符は、際立って秀逸な雨の描写である。
  3. 「雨の降る間に」op58-2。全長33小節。1分と少々の小品だ。ピチピチと雨の跳ね上がる表現がシャープだ。前半のほとんどの小節で右手が後打ちのスタッカートであることが「ピッチピッチ、チャップチャップ」のブラームス流の表現だと思われる。
  4. 雨の歌」op59-3。
  5. 「名残り」op59-4。作品番号にして一つ前の「雨の歌」の続編を形成する。同じ詩人のテキストによるものだ。厳密には雨上がりの情景だ。
  6. ヴァイオリンソナタ第1番。第3楽章が作品59-3の旋律の転用であるお陰で作品全体が「雨の歌」と呼ばれている。曲頭の付点のリズムは、もちろん「雨の歌」の旋律の反映と見てよい。
  7. 「夕立」op70-4。第四交響曲冒頭を先取りする3度連鎖が、心地よい。

関東地方、本日梅雨入り。

« 最長のイントロ | トップページ | 雨の歌 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨入り:

« 最長のイントロ | トップページ | 雨の歌 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ