ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« おお涼しき森よ | トップページ | 小宇宙 »

2009年6月23日 (火)

難解なテキスト

音楽之友社刊行の「ブラームス回想録集」第2巻58ページに興味深い記述がある。ブラームスと友人のホイベルガーの会話だ。

ブラームスは昨今「難解なテキストに付曲することが流行している」と指摘する。自分にも責任の一端があるというニュアンスだ。本当はきれいでわかりやすい類の作品に精通してから難解なテキストに進むべきだと持論を展開する。

このときの喩えが実に興味深い。

ブラームスは、きれいで判り易いテキストの代表として「永遠の愛について」を引き合いに出している。おおなるほど。op43-1を背負うブラームスリートの真髄とも言える傑作だ。なるほど起伏のあるストーリー性が売りだ。そのストーリーにいかに曲をつけるかがポイントなのだろう。

そうこうしているうちに「サッフォー頌歌」op94-4のような曲も聴いてもらえるようになると説く。いきなり「サッフォー頌歌」ではちと具合が悪かろうということが暗に仄めかされる。つまり「サッフォー頌歌」は「永遠の愛について」より難解だと読める。

言われてみればなるほどな感じがしてくるから不思議である。

« おお涼しき森よ | トップページ | 小宇宙 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 難解なテキスト:

« おお涼しき森よ | トップページ | 小宇宙 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ