ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 小人閑居して不善を為す | トップページ | 今だから話せる »

2009年7月 3日 (金)

夫婦揃って

ブラームス作品の献呈の話だ。

夫婦揃ってブラームスから作品を献呈されているカップルがいる。

クララ・シューマンはブラームスからたくさんの曲を贈られているし、その子供たちも「子供のための14のドイツ民謡」を贈られている。3女ユーリエは「シューマンの主題による変奏曲」op23を献呈されている。ところがクララの夫ロベルトは1曲も作品が献呈されていない。だからシューマン夫妻は失格だ。

夫婦揃って作品の献呈を受けているのは、ズバリ、ヨアヒム夫妻だ。夫ヨーゼフ・ヨアヒムは、ピアノソナタop1とヴァイオリン協奏曲op77の2曲が献呈されている。希代のヴァイオリニストにして無二の親友だから特別扱いもうなずける。

その妻アマーリエは、優秀なコントラルトの歌手。ドイツレクイエム初演で、ヘンデルのアリアを歌った。彼女は「アルトとバリトンのための4つのニ重唱」を献呈されている。

  1. 尼僧と騎士
  2. 戸口の前で
  3. 水はざわめき
  4. 狩人と恋人

まさか、ヨアヒムがヴァイオリンを置いてバリトンで歌ったなどということはあるまいな。

そして何よりも大切なこと。この作品に与えられた作品番号は「28」である。つまりこれが今回の謝恩クイズの賞品である。夫婦円満か縁結びのお守りにもなりそうだ。

« 小人閑居して不善を為す | トップページ | 今だから話せる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦揃って:

« 小人閑居して不善を為す | トップページ | 今だから話せる »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ