ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« さくら | トップページ | マイスタージンガー »

2009年8月13日 (木)

妙な辻褄

8月8日の記事「完璧なドンジョヴァンニ」で、ブラームスがマーラー指揮のドンジョヴァンニを絶賛したことを書いた。「完璧なドンジョヴンニを聴きたければハンガリーの首都へ行け」とは、大した惚れ込みようだ。これが1890年のことだ。

そのつもりで8月11日の記事「ヤーン」を眺める。そこにはウィーン宮廷歌劇場の「ドンジョヴァンニ」がひどい出来だったと嘆くブラームスがいる。これは1887年である。宮廷歌劇場指揮者、ヴィルヘルム・ヤーンの任期末をおそった停滞の話の裏付けと位置づけた。

先のマーラー指揮のドンジョヴァンニへの絶賛は、3年前に聴かされたウィーン宮廷歌劇場のひどい演奏を踏まえていたと解したい。

イシュルにブラームスを訪ねたマーラーは、ウィーン宮廷歌劇場指揮者就任への協力を要請し、ブラームスは協力を約束する。マーラーは1897年4月宮廷歌劇場指揮者に就任する。そのときのマーラーの前任者が1887年にブラームスを嘆かせたヤーンである。

ブダペストのマーラー絶賛は、地元ウィーンへの叱咤だった可能性がある。

妙に辻褄があっている。

« さくら | トップページ | マイスタージンガー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妙な辻褄:

« さくら | トップページ | マイスタージンガー »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ