ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 結婚の効果 | トップページ | 理性の女神 »

2009年8月 6日 (木)

ナンバーオペラ

ロマン派以前のオペラの主流だ。当時のオペラは言ってみれば下記のような小声楽曲の集合体だ。

  • ソロ 独唱 このうち一部をアリア(詠唱)ともいう。
  • アンサンブル 重唱
  • コーラス 合唱

劇中で、これら楽曲が披露される順番に番号が付与されている。だから「ナンバーオペラ」と呼ばれているのだ。1曲ごとの始まりと終わりが明確で、その間をレチタティーボ(朗唱)が繋いでいる。筋立てはこのレチタティーボによって補完説明される。1幕は複数の楽曲の集合体ということになる。

ワーグナーは、これら小楽曲の切れ目を取り払い、筋立ての説明を含めた全てのシーンに音楽を付与した。1幕を区切れなく演奏するというスタイルを確立したのだ。

さてさてブラームスは、結局オペラに手を染めることはなかったが、コネを総動員して脚本を物色していたことも割と知られている。このときブラームスは自分がオペラを書くとしたらこの「ナンバーオペラ」だと考えていた。ワーグナー風の切れ目なしオペラにする気はなかったのだ。

そもそも「全ての瞬間に音楽を付与するなんぞ、音楽への過剰な要求だ」と考えていた。ストーリーが明快かつ自然で、気の利いたコンパクトな脚本に、歯切れよく音楽を挟んだ、軽目のナンバーオペラが彼の理想だったと思われる。

« 結婚の効果 | トップページ | 理性の女神 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナンバーオペラ:

« 結婚の効果 | トップページ | 理性の女神 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ