ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 謝恩クイズレヴュウ | トップページ | タイトルロール »

2009年8月 1日 (土)

オペラと結婚

1888年1月7日のことだからブラームス54歳だ。友人ヴィトマンに宛てた手紙の中で、「私はオペラも結婚も諦めた」とある。オペラというのは「オペラの作曲」のことだ。このときまでにブラームスはヴィトマンとしばしばオペラの脚本について情報交換を重ねていたのだ。

結論は事実が雄弁に物語っている通り、計画の放棄である。

気に入った脚本さえ見つかればブラームスはオペラを書く気になっていたとヴィトマンは断言する。話の流れの中のここという急所に音楽をつければいいと考えていたらしい。ストーリーの全編の曲をつけるなど音楽への過剰な期待だというのがブラームスの見解だという。そうした考えに沿った脚本がとうとう見つからなかったのだ。

ブラームスの文学作品に対する洞察力には、プロの文筆家であるヴィトマンが舌を巻いている。ブラームスは自作に課した厳しいハードルをオペラの脚本にも求めていたのだ。ついにそれがブラームスをオペラの作曲から遠ざけたということだ。交響曲や室内楽、歌曲や合唱曲で獲得しているのと同等の評価を、オペラの分野で勝ち得ることが出来たかどうかは、永遠の謎になった。

オペラの作曲と結婚が同等とは、さすがにブラームスだ。世の中、結婚はしたがオペラの作曲なんぞ出来ませんという人は少なくない。

« 謝恩クイズレヴュウ | トップページ | タイトルロール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オペラと結婚:

« 謝恩クイズレヴュウ | トップページ | タイトルロール »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ