ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ヘンゼルとグレーテル | トップページ | 竹取物語 »

2009年8月27日 (木)

ツルゲーネフ

1818年生まれのロシアの文豪。代表作「初恋」は1833年夏のモスクワが舞台である。

彼は欧州とロシアを頻繁に行き来した。1864年夏、セレブの集まる避暑地バーデンバーデンで過ごした。ここで彼はブラームスと面識を持った。

何とツルゲーネフはブラームスにオペラの素材を提供しようとしたらしい。ブラームスはこの申し出に心を動かされたが最終的には、やはりオペラ化を断念した。

ブラームスがオペラの台本を熱心に探しているという話は、親しい知人の間では、有名だったようだ。だから腕に覚えのある文筆家は、我こそはと素材を提供したということらしい。

そりゃあブラームスにオペラを書かせることが出来たら、芸術史上の偉業に違いない。

« ヘンゼルとグレーテル | トップページ | 竹取物語 »

コメント

<ひふみ様

おお。ツルゲーネフはブラームステイストでしたか!

「ツルゲーネフの辞書」が無理なら、せめてカテゴリー「ツルゲーネフ」でも立てねばなりませんね。

ツルゲーネフの「初恋」は少女時代の私の愛読書のひとつでした。

私が読んでいた文庫本では「はつ恋」という表記でしたが、これもお気に入りでした。

そうですか、ツルゲーネフがブラームスに・・・
ロシア文学の作家の中では、ブラームスの感性に最も近い人かも知れませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/44370229

この記事へのトラックバック一覧です: ツルゲーネフ:

« ヘンゼルとグレーテル | トップページ | 竹取物語 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ