ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 竹取物語 | トップページ | ブラームス神社創建1周年 »

2009年8月29日 (土)

関が原の戦い

戦国時代末期、日本の戦国大名たちが東西に分かれて戦った。勝者たる東軍徳川家の250年に及ぶ覇権を決定付けた戦いとして名高い。

明治になって、陸軍近代化のために政府から招かれたドイツ人メッケル(Klemens Wilhelm Jacob Meckel 1842~1906)はこの関が原の戦いの布陣図を見て即座に西軍勝利を断言したという。明治政府の関係者から東軍の勝利という史実を聴かされたメッケルは「諜報活動」の大切さを再認識したといわれている。日露戦争に勝利した当時、日本軍の高官にはメッケルの教え子がかなりの数を占めていたらしい。

この文脈で、メッケルがブラームスの親戚だったら「ブラームスの辞書」的には完璧であるがなかなかそうも行かない。ブラームスとの共通点は64歳で没したことと生涯独身、それからワイン好きくらいだ。

今日の主眼はそこにはない。

関が原の戦いは慶長5年だ。西暦に直すと1600年ということになる。本日のこの記事がブログ開設から1600本目の記事だから何となく取り上げた話である。

« 竹取物語 | トップページ | ブラームス神社創建1周年 »

コメント

<魔女見習い様

ありがとうございます。

舞台裏はバタバタでございますが、それでもコンスタントだと思わせるテクだけは、身に付いてきたようです。

コンスタントに1600本。
頭が下がります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関が原の戦い:

« 竹取物語 | トップページ | ブラームス神社創建1周年 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ