ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 影響まみれ | トップページ | ながら族 »

2009年9月30日 (水)

ある方程式

以前にも話題にした茂木大輔先生のご著書「音大進学・就職塾」で、有名作曲家の代表作品について、曲中に出現する見せ場が、管楽器&コントラバスの立場から手際よく列挙されている。ブラームスについての記述が愛情溢れるもので思わず即買いしたと述べた。

当然のことながら、ドヴォルザークにも言及がある。ドヴォルザークと標記するのは古いという耳の痛い指摘は思い切りスルーだ。交響曲第8番と9番それにチェロ協奏曲が取り上げられている。ブラームス同様の愛情ある記述だ。

注目すべきはドヴォルザークの位置付けだ。「ブラームスとワーグナーを足してスラブで味付けた」と表現なさっている。「味付け」がかけ算なのか自信はないが、

ドヴォルザーク=(ブラームス+ワーグナー)スラブ

ということか。この方程式が成り立つならばドヴォルザークをスラブで割って、そこからブラームスを引けばワーグナーが求められるのだが、そのためには「スラブ」とはなんぞやも問題になってくる。

ワーグナーやスラブについても勉強しなければいけない。

« 影響まみれ | トップページ | ながら族 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある方程式:

« 影響まみれ | トップページ | ながら族 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ