ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ロ短調組曲の断片 | トップページ | 交差点 »

2009年9月13日 (日)

クララの見解

9月8日の記事「ドヴォルザーク」の中で、クララ・シューマンはドヴォルザークの評価については、ブラームスと意見が一致していないと書いた。

音楽之友社刊行の「ブラームス回想録集」第3巻42ページにそのことが書かれている。クララの4女オイゲーニエの証言だ。

あるとき出版社からドヴォルザークの楽譜が大量に送られてきた。クララは隅々まで目を通したし、連弾曲はブラームスと演奏したこともあるが、とうとうブラームスと意見が一致しなかったとある。ドヴォルザークの何が原因なのかは明らかではない。ワーグナーの香りを嗅ぎ取った訳ではないと思うが、この点ではかたくなである。こと音楽作品の評価に関しては、夫のロベルトに対しても臆せず自己主張したとも書かれている。クララなりの判断基準があり、それはそうとう厳密なものなのだと感じる。

かご一杯にきれいな蝶を捕ってお母さんに見せたら、喜んでくれるハズのお母さんが虫嫌いだった感じに似ている。

賛同が得られなかったブラームスは少しがっかりしたと思う。けれども実は相当嬉しくもあったハズだ。ドヴォルザークの作品に対しては頑として評価を拒むクララが、自作については毎度暖かく賛同してくれることの有り難味は格別だったと思う。

そうそうクララに大量の楽譜を送ったのはジムロックだ。そしておそらくそれはブラームスの差し金である。

« ロ短調組曲の断片 | トップページ | 交差点 »

コメント

<魔女見習い様

はい。クララは「またか」みたいな感じだったんじゃあないでしょうか。
それよりブラームスとクララの連弾によるスラブ舞曲が演奏されていたかもしれません。

どんなクララ・ネタかと、楽しみにしてきました♪

大量の楽譜を直接手渡すのではなく、出版社から届けるとは!
ブラームスは知能犯ですが、クララもお見通し?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クララの見解:

« ロ短調組曲の断片 | トップページ | 交差点 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ