ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 伝播の向き | トップページ | ある方程式 »

2009年9月29日 (火)

影響まみれ

古今の大作曲家同士相互の影響について語ることは愛好家にとっての楽しみの一つである。我が愛するブラームスなんかは、いわば「影響まみれ」である。

先輩作曲家の作品を自ら進んで研究したし、楽譜の出版に際して校訂をした作曲家も両手の指に余る。だからという訳でも無さそうだが、ブラームスの作品には、他の作曲家からの影響を指摘する論述には事欠かない。バッハ、ベートーヴェン、シューマン、モーツアルトを筆頭に華麗な名前が並ぶ。それでいて結果として遺された作品に、ブラームスの個性がクッキリと刻印され、埋没することはない。まさにそこがブラームスの真骨頂とも映る。

一方私が最近のめり込んでいるドヴォルザークは、いわゆるクラシック音楽の保守本流から少々はずれた地域から台頭した。シューベルト、モーツアルト、ベートーヴェンあたりの作曲家を研究したことにはなっているが、ブラームス風の「影響まみれ」にはなっていない。世に出る恩人のブラームスの影響さえ限定的だ。ブラームスからの影響が取り沙汰されている作品もあるにはあるが、どちらかというとマイナーな扱いになってしまっている。あるいはワーグナーからの影響が色濃いとされるオペラには決定的なヒット作が無い。

おそらくドヴォルザークを世に出したブラームスは、誰の手垢もついていない無垢なドヴォルザークの才能を愛したのだと思う。

« 伝播の向き | トップページ | ある方程式 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 影響まみれ:

« 伝播の向き | トップページ | ある方程式 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ