ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ドボ8 | トップページ | 白山の戦い »

2009年9月17日 (木)

長丁場

江戸時代、五街道を筆頭に各地に街道が整備された。途中には宿場が置かれ旅人にさまざまな機能を提供した。たとえば東海道には53の宿場があり、ゆえに「東海道五十三次」と呼ばれる。隣り合う宿場間の距離が長いことを長丁場と呼んだらしい。徒歩の旅において、次の宿場までの距離が長いことは、ストレスだったのだ。

転じて単に「物事の完結までの距離が長いこと、つまり物事の達成に時間や手間がかかること」という意味になった。

9月8日に始まったドヴォルザーク特集は、ブログ「ブラームスの辞書」開設以来初めての「1年物の企画」だ。本日ようやく10日目である。あと残り350日超の長丁場ということになる。この10日間10本の記事のうち7本がドヴォルザークネタだった。ドヴォルザーク濃度70%である。オリエンテーション代わりの高密度だ。この先1年この濃度ということはないが、長いことは確かだ。いわばブラームスとドヴォルザークの交差点を巡る遠足だ。

お弁当、水筒、しおり、雨具、時計、携帯電話、iPod、楽譜など持って、気長にお楽しみいただきたい。

おやつは1マルク以内で。

« ドボ8 | トップページ | 白山の戦い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長丁場:

« ドボ8 | トップページ | 白山の戦い »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ