ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 間奏曲 | トップページ | 末に生まれし君なれば »

2009年9月 5日 (土)

曲を贈る

古来日本には短歌を贈るという慣習があった。歌に託して相手のご機嫌を伺うのだ。男女のやりとりも多い。万葉集にも数多く見られる。私が一番好きなのは以下のやりとりだ。

大津皇子 足引きの山のしずくに妹待つと我立ち濡れぬ山のしずくに

石川郎女 吾を待つと君が濡れけむ足引きの山のしずくにならましものを

まずは男性である大津皇子が「あなたを待っていたら山のしずくに濡れてしまいました」と贈る。「山のしずく」はここでは「霧」で湿っぽくなったことも含まれるかもしれない。雨と言わぬところに奥行きも感じる。じつはこの言葉がやりとりのキーである。

贈られた石川郎女は「わたしは、あなたが濡れたという山のしずくになりとうございます」と返す。贈られた歌のキーになっていた「山のしずく」を巧みに用いてラブリービームを返す。男の発したサーブも見事だが女のリターンはもっと鋭い。リターンエースが決まった感じがする。

こうしたやりとりの妙は恋の成就の決め手であったことさえあるという。相手の教養や品格を効率よく推し量るツールになっている。人々に歌の素養があればこういうことが出来たのだ。

歌の素養でなく作曲の素養があったブラームスも作品を人に贈っている。献呈だ。しかし献呈の手続きを経ていない作品にも以下の通りプレゼント用の作品がある。

  1. FAEソナタ 大ヴァイオリニストで友人のヨアヒムの到着を待って作られた。
  2. 弦楽六重奏曲第1番第2楽章のピアノ編曲 クララへの誕生日プレゼントだ。
  3. 左手のためのシャコンヌ 右手を脱臼したクララへの見舞い。
  4. クラヴィーア組曲イ短調 9月2日の記事参照
  5. 子守歌op49-4 ベルタ・ファーバーへの出産の祝い。
  6. 雨の歌op59-3 他歌曲3曲を1873年のクララの誕生祝い。
  7. 聖なる子守歌 op91-2 ヨアヒムの長男誕生祝い。
  8. ヴァイオリンソナタ第1番第2楽章 フェリクスの病を見舞ってクララに。

やはりクララはこの点でも特別の存在だ。

« 間奏曲 | トップページ | 末に生まれし君なれば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曲を贈る:

« 間奏曲 | トップページ | 末に生まれし君なれば »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ