ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 割り込み | トップページ | 短里と長里 »

2009年9月22日 (火)

15分の1

2007年11月6日の記事「作曲の報酬」で、ブラームスの交響曲の報酬が15000マルク、現在のお金に換算して750万円だと述べた。これは当時の通貨で言うなら5000ターラーだそうだ。これが高いのか安いのかという議論の手掛かりを最近発見した。

ドヴォルザークは、ブラームスにその才能を見出されベルリンの著名な出版社ジムロックと付き合いが始まった。ブラームスとは緊密な信頼関係で結ばれていたジムロックだが、ドヴォルザークとは微妙だったらしい。

1889年第8交響曲ト長調の出版に際してジムロックの提示した金額は何と1000マルクだったというのだ。現在のお金に換算して50万円だ。つまりブラームスの第1交響曲の「15分の1」である。私はドヴォルザークの8番だって大好きなので、「15分の1」には少し複雑だ。ドヴォルザークとジムロックの交渉は決裂し、第8交響曲は英国の出版社から刊行された。だから「イギリス」と一部で呼ばれることになったのだ。

一方ジムロックの立場を考えてみる。このときまでにブラームスの交響曲は4つ全てが出版されその報酬は金額不明の4番を除き、みな15000マルクだ。ドヴォルザークの交響曲は今世紀になって出版された1~4番を別にすれば5番から7番までの3曲がジムロックの手によって出版されていた。ジムロックが「ドボ8」に提示した金額は、ブラームスの4曲とドヴォルザークの5,6,7番をキッチリと比較した上でのはったり込みの結論だと推測出来る。売れ行きの実績や話題性、あるいは交渉により値段が釣り上げられる可能性を考慮して算盤を弾いていたと思われる。

ドヴォルザークは、ジムロックがブラームスの交響曲に支払った金額を知っていたのだろうか。

« 割り込み | トップページ | 短里と長里 »

コメント

<mayoneko様

ありがとうございます。
ですよねぇ。あんまりでしょう。疑問が深ければ深いほど、記事のネタが湧いてきます。

お久しぶりです。mayonekoです。
遅ればせながら・・・
祝ドヴォルザークイヤー開幕。記事を楽しみにしています♪
今私もチェコ系の作曲家の作品を聞いていて、関連本を読んだりしています。
しかし1/15とは・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 15分の1:

« 割り込み | トップページ | 短里と長里 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ