ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 教材 | トップページ | 痛し痒し »

2009年10月 3日 (土)

婿殿の証言

ヨゼフ・スークはプラハ音楽院における作曲の弟子だ。ドヴォルザークの娘オティーリエと結婚したから、娘婿でもある。ヴァイオリニスト、ヨゼフ・スークの祖父にあたる。

彼は、岳父でもある師匠ドヴォルザークの知識を証言している。以下の通りだ。

  1. バッハ、ヘンデル、グルック、モーツアルト、ベートーヴェン、シューベルト、ベルリオーズ、ヴァーグナー、リストといった巨匠の作品を全て知り尽くしていた。
  2. ブルックナーとリヒャルト・シュトラウスにも興味を持った。
  3. イタリア音楽を軽視していない。

思うに上記1は先輩作曲家だ。そして上記2は同時代の作曲家であるように見える。

上記3で「イタリア音楽を軽視していない」と証言しているのは興味深い。当時、彼の周囲にそういう風潮があったことを前提に「ドヴォルザークはそうではなかった」という意図を感じるからだ。

さてさて、最大の疑問は既にお察しいただいていると思う。とりあえず昨日の話と辻褄だけは妙にあっている。何故ブラームスが出てこないのだろう。関係が濃すぎてこのレベルではないからだと一応善意に解釈をしておくが、落ち着かない。同時代を生きた2人だから上記1には入らぬと思う。上記2には戦慄を覚える。ブルックナーやリヒャルト・シュトラウスに興味があって、ブラームスを無視ということは、ふつーあり得ぬ。

何故だろう。ドヴォルザークの修行時代、ブラームスが教材に選ばれていないことは、昨日推定した。だから上記1にブラームスが入らぬことは無理からぬ話としても、上記2に出現する2人は、ブラームスと同世代以降だ。ドヴォルザークがブラームスと十分な親交を結んだ後の話だ。

« 教材 | トップページ | 痛し痒し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/46162325

この記事へのトラックバック一覧です: 婿殿の証言:

« 教材 | トップページ | 痛し痒し »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ