ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 備蓄千本 | トップページ | ト短調ピアノ協奏曲 »

2009年10月17日 (土)

第3交響曲私演

1883年10月ドヴォルザークがウィーンにブラームスを訪ねた。ドヴォルザークはジムロックに宛てた手紙の中でこの対面について言及している。

ドヴォルザークの証言によればこれほど陽気なブラームスは初めてだといい、相当に話が弾んだというニュアンスだ。

12月2日に迫った第3交響曲の初演も話題になったに違いない。ブラームスはドヴォルザークの求めに応じて第1楽章と第4楽章をピアノで弾いて聞かせたという。ドヴォルザークは「前の2つの交響曲を凌ぐ」という感想を漏らす。ということはつまり前の2つの交響曲もよく知っていたということに他ならない。

このシーンを想像するだけでワクワクする。他にどんな話をしたのだろう。

12月2日の第3交響曲初演には、ドヴォルザークも姿を見せた。彼の第7交響曲の解説には、しばしばブラームスの第3交響曲の影響が指摘されてている。

« 備蓄千本 | トップページ | ト短調ピアノ協奏曲 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第3交響曲私演:

« 備蓄千本 | トップページ | ト短調ピアノ協奏曲 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ