ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 生涯収入 | トップページ | シューマンの収入 »

2009年10月27日 (火)

芸術監督の収入

第一交響曲に支払われた原稿料15000マルク(750万円)の重みを調べたくて、いろいろ資料を当たっている。リプリオ出版から出ているジュニア向けの伝記「人はみな草のごとく」に興味深い記述があった。

149ページにウィーン楽友協会芸術監督就任が言及され、その年収が3000フロリンだと書いてある。フロリンはグルデンと同じでこれがおよそ6000マルクに相当する。破格の待遇であったことも同時に仄めかされている。1872年の秋から3シーズンを務めた訳だから、ブラームスはこの仕事で合計18000マルクを得たと思われる。

ということはつまり、ブラームスの交響曲1曲には、楽友協会芸術監督3年分の報酬に近い額が支払われたという計算になる。

« 生涯収入 | トップページ | シューマンの収入 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芸術監督の収入:

« 生涯収入 | トップページ | シューマンの収入 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ