ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« プランハザード | トップページ | 周辺市場 »

2009年11月29日 (日)

のだめの中のドヴォルザーク

のだめ系の記事は、既に55本の記事を擁するメインネタだ。一方現在我がブログ「ブラームスの辞書」では1年をかけてドヴォルザークに密着する試みを継続中だ。話題が「のだめの中のドヴォルザーク」に展開するのは半ば必然である。

  1. 初登場は4巻109ページだ。長野の夏を彩るニナルッツ音楽祭。優秀な学生によるオケをシュトレーゼマンが指導する。まさにその曲がドヴォルザークだ。千秋本人も「マニアックな」と唸り、峰くんに至っては「聴いたことない」とのたまうドヴォルザークの交響曲第5番である。二日酔いでフラフラのシュトレーゼマンが「この曲はドヴォルザークの田園」と紹介するだけあって、本家ベートーヴェンの田園と同じヘ長調である。千秋は師匠の代役として練習を振り実力の片鱗を見せる。
  2. 次は第7巻21ページ左下4コマ目。新しいオケの結成式をかねて慕零路でパーティー。その席上で演奏曲目の選定がカオスに陥る。どさくさに紛れて女性が「わたしドヴォルザークやりたい」「新世界」と口走って、周囲に「また~」とドン引きされている。
  3. 3つ目は千秋クンがプラティニ国際指揮者コンクールに向けて猛勉強する過程で現われる。第10巻74ページの4コマ目だ。ドヴォルザーク交響曲第9番の総譜を持った千秋が描かれている。次のページに総譜の一部が見えているのが第1楽章の137小節目だ。
  4. 4つ目はエポックだ。同じ10巻の147ページ目。指揮者コンクールの課題B「間違い探し」。15分だけスコアを見て、実際にオケを振る。オケが意図的に間違えた楽譜を見て演奏する中、8箇所の間違いを当てよという課題だ。ジャン・ドナデュウと千秋だけがパーフェクトに的中させるという死闘を象徴するツールになったのが、ドヴォルザークの交響曲第8番第一楽章である。相変わらず芸が細かいのは、149ページ5コマ目だ。千秋のバックに楽譜が描かれている。見えている一番左端は第1楽章の103小節目だ。記音Dのオクターブで全音符になっているのがA管のクラリネットだ。次の104小節目の頭に注目して欲しい。104小節目冒頭が前の小節からタイで繋がった四分音符になっている。正しくはここが付点2分音符のハズだ。千秋クンがそのコマで「付点2分音符のロ音が四分音符に」と見破っている通りだ。つまりここの背景の楽譜は、わざと間違えた楽譜になっているのだ。この課題の演奏は実際にCDになっている。千秋真一指揮R☆Sオケのブラームス交響曲第1番のCDの余白に入っている。実のところ私の耳では間違いなんてわかりはしない。
  5. 5つ目はプラティニ国際指揮者コンクール本選、コンチェルト演奏の課題曲をクジ引きで決める場面。第11巻21ページ。千秋はのだめに引かせてチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲に決まる。その直後に片平は自らドヴォルザークのチェロ協奏曲を引き当てる。

本日の企画も「のだめ」が完結していればこそ意味がある。

« プランハザード | トップページ | 周辺市場 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のだめの中のドヴォルザーク:

« プランハザード | トップページ | 周辺市場 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ