ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 出来高払い | トップページ | 役者が違う »

2009年11月14日 (土)

声部を足す

モラヴィア二重唱のCDの解説に興味深い記述があった。

モラヴィア二重唱は声部を足すことで成り立っているというのだ。ドヴォルザークの眼前には単旋律のモラヴィア民謡があって、ドヴォルザークはそれに第2の声部を加えることで二重唱化を試みたと言っている。最終的には、そうした手法だけにとどまらず大きく創作の手を加えたとされている。

本当だろうか。一方でモラヴィア民謡の風合いを尊重しながらも、旋律はオリジナルという指摘もある。

バッハのエピソードを思い出す。バッハは多声部の作品を与えられると、アドリブでもう1声部を加えた即興演奏が得意だったらしい。与えられた作品の対位法的構造を即座に読み取り、それに準拠した上で架空の声部をたちどころに付加出来たのだ。

当代最高の対位法の泰斗ブラームスは、同時に最先端のバッハ研究家でもあったから、当然そのことを知っていた。

だから既存の旋律に声部を足すというコンセプトはおそらくブラームスを驚喜させたと思われる。

« 出来高払い | トップページ | 役者が違う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 声部を足す:

« 出来高払い | トップページ | 役者が違う »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ