ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 採点競技 | トップページ | ロシアの歌 »

2009年11月25日 (水)

レオポルド勲章

アントニン・ドヴォルザークは、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフⅠ世在位50年式典において「レオポルド勲章」を授与された。

正しくは「芸術科学名誉勲章」といい、この時点で音楽家では1889年6月6日にブラームスが受けているだけの栄誉だ。既に交響曲は9番目の新世界交響曲までもが世に出た。名高いチェロ協奏曲やアメリカ四重奏曲もしかりだ。楽壇での地位はゆるぎないものになっていた。

ブラームスの後継たる地位が皇帝から追認されたようなものだが、皮肉なことにドヴォルザークの興味はこのころ完全にオペラに絞られていた。ブラームス風の絶対音楽の分野からは完全に足を洗った状態になっていたのだ。そしてその状態は1904年に没するまで続いたのだ。1895年に完成した弦楽四重奏曲第14番を最後にブラームス風の「絶対音楽」作品が書かれていない。

ブラームス没の翌年1898年11月25日だから今から111年前の今日の出来事だ。娘オティーリエの結婚式からわずか一週間後の受賞である。

« 採点競技 | トップページ | ロシアの歌 »

コメント

<ひふみ様

ありがとうございます。確かに結婚記念日です。

誕生日→ブラームスの命日、命日→ドヴォルザークの結婚式の父にはかないませんが、捨てたモンではありません。

この日はアルトのパパさんの結婚記念日ですよね。
ドヴォルザークともこんなご縁で繋がっていたのですね。

先週から来週まで、土日も休みなく仕事してまして、
疲れ果てて、3日遅れのコメントで申し訳ありません・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レオポルド勲章:

« 採点競技 | トップページ | ロシアの歌 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ