ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ワルツ | トップページ | 拍子という切り口 »

2009年12月22日 (火)

長女の命名

子供の名前には親の思いが込められているものだ。ドヴォルザークもきっとそうだ。夫妻にとっての最初の子供は女の子だった。彼らはその子にヨゼファと名付けた。

チェコ語は格によって固有名詞の語尾が変化するらしい。となるとお叱り覚悟の例の癖が頭をもたげる。長女の命名は、ドヴォルザークの初恋の人ヨゼフィーナと関係があるのではなかろうか。ヨゼファとヨゼフィーナだ。妻のアンナからすれば姉の名前ということになる。シューマンの3女ユーリエの長男が怪しいという仮説は既に提示しておいた。自分の最初の娘の名前に初恋の人の名前を採用するという発想がドヴォルザークにあったのではあるまいか。

欧州の名付け事情に明るくないから、推測の域を出ない。

今日が誕生日の我が家の長女の名前は、幸い私の初恋とは関係が無い。

« ワルツ | トップページ | 拍子という切り口 »

コメント

<ひふみ様

ありがとうございます。
皆様に驚いていただいてから早、16年でございます。

本当に、みんなアッと驚く素晴らしい命名でしたよね。
ご長女様のお誕生日、おめでとうございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長女の命名:

« ワルツ | トップページ | 拍子という切り口 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ