ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 祝備蓄1095本 | トップページ | 竣工式 »

2009年12月30日 (水)

ドヴォルザークのピアノ曲

詩的な音画」「フモレスケ」「ワルツ」という具合にドヴォルザークのピアノ独奏曲にはまっている。それらが「平均律ドボヴィーア曲集」に結実した。

新世界交響曲やアメリカ四重奏曲、弦楽セレナーデあるいはチェロ協奏曲が獲得している名声に比べ、ドヴォルザークのピアノ独奏曲は、地味だ。

バッハからモーツアルト、ベートーヴェンを経てショパン、リスト果てはドビュッシーに至るピアノ音楽の保守本流に比べて、ブラームスは演奏会やCDの扱いが薄いなどとブーイングをタレている場合ではなかった。ブラームスは愛好家の数は多いし、楽譜やCDもそれなりに手に入る。

ドヴォルザークはピアノ連弾用でこそ「スラブ舞曲」がそこそこの地位を確立しているが、ピアノ独奏曲ともなると途端に寂しい状況だ。楽譜もCDも手に入れにくい。さらにピアノリサイタルでドヴォルザークがプログラムに取り上げられる頻度は、パーセンテージではなくてppmのオーダーかもしれぬ。加えてドヴォルザークの作品を解説した書物においても、ピアノ独奏曲の位置づけは低い。下手をすると名高いユーモレスクが言及されているだけというケースさえある。

聴かず嫌いはよくないと心から思う。

« 祝備蓄1095本 | トップページ | 竣工式 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドヴォルザークのピアノ曲:

« 祝備蓄1095本 | トップページ | 竣工式 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ