ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« スラブ舞曲 | トップページ | いけにえ »

2009年12月 4日 (金)

英雄の歌

ドヴォルザーク最後の交響詩だ。1897年秋に完成した。ショウレクらドヴォルザークの高名な研究者たちは、「英雄の歌」の主人公をドヴォルザーク本人と解している。自伝的性格の交響詩だという訳だ。

他方、この作品の英雄はブラームスを指すという説も根強くささやかれている。ブラームス没後間もない1897年8月4日から同年10月25日にかけて作曲されている上に、作曲真っ只中の10月19日には、ライプチヒでブラームス追悼演奏会があり、ドヴォルザーク自らタクトを取ってチェロ協奏曲を演奏している。ドヴォルザークの脳裏をブラームスがよぎっていても不思議ではない。

もう一つ象徴的なことがある。

初演だ。「英雄の歌」初演は1898年12月4日、つまり116年前の今日である。この日ウィーンでの初演を指揮したのはグスタフ・マーラーだった。当日の演目を調べていて驚いた。メンデルスゾーン「真夏の夜の夢」序曲とブラームスの第2交響曲だ。「英雄の歌」がブラームス讃歌だった可能性は低くないと思う。それを察知したマーラーの粋なプログラミングだったと考えたい。

素朴で控えめ、偉くなってもけしていばらなかったドヴォルザークが、自らを英雄になぞらえた作品を書くだろうか。

« スラブ舞曲 | トップページ | いけにえ »

コメント

<テス様

いらっしゃいませ。ご賛同いただけたとすれば嬉しい限りです。
今後とも「ブラームスの辞書」をよろしくお願いいたします。

私も自分を英雄に見たてたというよりは、一般的な
英雄の概念を現したものではないかと思っております。
ブラームスを指すとの解釈は面白いですね、初演がマーラーによって行われたのは知ってましたが、当日のプログラムは知らなかったのでなかなか説得力があります。

<ひふみ様

ありがとうございます。
お叱り覚悟でございましたが、ご賛同心強い限りです。

>素朴で控えめ、偉くなってもけしていばらなかったドヴォルザークが、自らを英雄になぞらえた作品を書くだろうか。

そうですよね、R・シュトラウスとは良し悪しは別としても、人間の質が違うと思いますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英雄の歌:

« スラブ舞曲 | トップページ | いけにえ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ