ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 顔が広い | トップページ | 初演争い »

2009年12月14日 (月)

しみじみ驚く

11月19日の記事「ブリリアントなCD」で話題にしたCDの話。

12月12日の記事「作曲の場所」で、ドヴォルザークがウィーンにブラームスを訪ねる道中の列車の中で「男声合唱のための5つのパートソング」op27を作曲したと書いた。その5つの合唱曲が、先のCDセットに収録されていた。別に列車の音が描写されているわけではないが、実際に聴けるのはありがたいなどと言っている場合ではなかった。

リトアニア民謡に題材をとったこの曲集の5番目に鉄道っぽい描写を発見した。Dam dali dam daliという歌詞がバスのパートで延々と繰り返される。「雀のパーティ」というタイトルだから、もちろん鉄道とは無関係とは思うが、低いパートで執拗に繰り返される「Dam dali dam dali」が、規則的な車輪の音に聞こえる。

その他の4曲もシンプルにして芳醇。只者ではない。

新世界交響曲の第2楽章ラルゴの合唱編曲がおまけに入っていたと思ったら今度は、この発見だ。どんだけ驚かせば気が済むのだろう。

« 顔が広い | トップページ | 初演争い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/46781932

この記事へのトラックバック一覧です: しみじみ驚く:

« 顔が広い | トップページ | 初演争い »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ