ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« のだめの中のブラームス【31】 | トップページ | 堰き止めの効果 »

2009年12月 7日 (月)

優先出版権

モラヴィア二重唱曲やスラブ舞曲第1集が、ジムロック社にもたらした利益は莫大なものであった。調子に乗ったジムロックは巧妙なことに優先出版権をドヴォルザークに認めさせてしまった。つまりスラブ舞曲op46以降の作品について、他社に対して優越する地位を得たことになる。つまり事実上ブラームスとドヴォルザークの作品について、優先出版権を持っていたことに他ならない。

つくづく商売上手だと思う。

スラブ舞曲の大ヒットをキッカケに、ドヴォルザークの名声は欧州中に轟き渡ったから、他の出版社からも作曲依頼が殺到した。けれども書き上げた作品は、ジムロックが出版を拒否しない限り他社が刊行出来ないということだ。

それでは他社は泣き寝入りしたかと申せば、そうでもない。新作にop46より低い数字の作品番号をつけて平然と出版する猛者が少なくなかった。ブラームスの場合と違ってジムロックとドヴォルザークは蜜月ではなかったから、抜け道はいくらもあったのだ。

« のだめの中のブラームス【31】 | トップページ | 堰き止めの効果 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 優先出版権:

« のだめの中のブラームス【31】 | トップページ | 堰き止めの効果 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ