ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 優先出版権 | トップページ | タイムラグ »

2009年12月 8日 (火)

堰き止めの効果

ドヴォルザークイヤーもちょうど3ヶ月を経過した。第1クォーターが終わった感じである。あと9ヶ月続く大型企画だ。記事を貯め始めたのは2008年初頭からだ。2008年7月には大型企画を実施しようと決めた。お誕生日の9月8日が一つのキッカケになると考えたが、2008年9月からの立ち上げは諦めた。ネタの掘り下げが満足出来る水準に達しなかったからだ。潔く延期して急遽「地名辞書」「地名探検」を展開した。

大型企画の実施を決定して以降、ドヴォルザークに関連する記事の公開を凍結した。これが「堰き止め」だ。ドヴォルザーク系記事をイベント開催期間中に集中するためだ。イベントの構想がまとまると一番最初にすることがある。過去に公開済みの記事の中に、イベント関連の記事があるかどうかのチェックだ。この時点で過去の記事に無視し得ぬ量のドヴォルザークネタが見つかってしまうとイベントの集中力が落ちてしまう。幸いドヴォルザークは、優秀だった。過去にほとんど語られていない。

オペラもほぼ同時期に思いついたが、たった一つ2006年4月13日の記事「オペラを書かぬわけ」が該当した。あの当時はカテゴリー「オペラ」の開設なんぞ夢にも思っていなかった。堰き止め中は気持ちが研ぎ澄まされる。アンテナが高まってそれ系統のネタへの感度が高まるのだ。だからドヴォルザークもオペラも、大カテゴリーになって、イベントの主役を張ることが出来た。

今堰き止め中のネタが7つある。どれも最低2ヶ月程度のイベントにはなると思われる。来年秋にドヴォルザークが一段落した後のための種まきだ。

« 優先出版権 | トップページ | タイムラグ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堰き止めの効果:

« 優先出版権 | トップページ | タイムラグ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ