ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 堰き止めの効果 | トップページ | ブラームスのジムロック評 »

2009年12月 9日 (水)

タイムラグ

時間差のことだ。本日問題にしたいのは作品の完成と初演の間に横たわる時間差だ。

バッハはその後半生をトマスカントルとして過ごした。教会暦上の祝日のミサのためにカンタータを供給することが職務だった。これを全部新作でまかなおうと思うと週に1曲のカンタータの作曲が必要になる。インクの乾く間もなく演奏に回されるのだ。大変といえば大変だが、作曲家は作品が演奏されて何ぼである。

最近ドヴォルザークの作品を調べていて、この作品の完成と初演のタイムラグが大きいことに気付いた。たとえば交響曲は以下の通りだ。

  • 1番 完成1865年03月24日 初演1936年10月04日 
  • 2番 完成1865年10月09日 初演1888年03月11日
  • 3番 完成1873年07月04日 初演1874年03月29日
  • 4番 完成1865年03月26日 初演1892年04月06日
  • 5番 完成1875年07月23日 初演1879年03月25日
  • 6番 完成1880年10月15日 初演1881年03月25日
  • 7番 完成1885年03月17日 初演1885年04月22日
  • 8番 完成1889年11月08日 初演1890年02月02日
  • 9番 完成1893年05月24日 初演1893年12月16日

5番以前は初演までに時間がかかっている。他のジャンルに目を向けても同じだ。ところが同じ事をブラームスで調べると状況の違いに気付く。ブラームスの作曲は夏に進められる。曲の完成も夏が多い。そしてその秋から始まるシーズンには初演が実現していることがほとんどだ。管弦楽、室内楽においてはマストである。ドヴォルザークの作品がブラームス並のタイミングで初演されるようになるのは、1878年以降だ。

1878年。

この年に何があったのか。それはスラブ舞曲の出版だ。ジムロックの巧妙なマーケティングの賜物でもある。スラブ舞曲の大成功により売れっ子の仲間入りを果たす。作品が出来るそばから初演されるようになった他、過去の未出版の作品が出版され、未演奏の作品が次々と演奏会で取り上げられるようになる。このあたりの転換は鮮やかである。

最後の交響詩「英雄の歌」は1898年10月25日に完成して、その年の12月4日に初演されている。

シューマンのセンセーショナルな紹介により、創作人生の初期からこのタイムラグが小さかったブラームスは、実力に加えて運も身に付いていたのだ。ドヴォルザークの下積み時代を知るにつけそう感じる。

« 堰き止めの効果 | トップページ | ブラームスのジムロック評 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイムラグ:

« 堰き止めの効果 | トップページ | ブラームスのジムロック評 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ