ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 完璧なクリプレ | トップページ | 祝備蓄1095本 »

2009年12月28日 (月)

quasi stringendo

ドヴォルザークが1880年に作曲したピアノ小品集op52の中、第2番にインテルメッツォがある。破棄や散逸の憂き目に遭わずに、現代に伝えられたドヴォルザーク作品の中で、「インテルメッツォ」とタイトリングされているのは、唯一これだけだ。

ゆったりと突き詰めないテンポ、頻繁に小節線をまたぐスラーなど、私のようなブラームス大好き人間から見ると興味津々だ。ブラームス中期のop76よりは少々遅いが、晩年の小品群よりも10年以上遡る時期の作品だ。

その中に「quasi stringendo」という指定が現れる。「stringendo」を修飾する「quasi」は、ブラームスには例がない。ここだけの話ドヴォルザークの「quasi」の用法については、ブラームスより多彩だ。

「ほとんどストリンジェンドで」という解釈では、疑問が残る。ドヴォルザークの遺したインテルメッツォがこの曲だけというのも厄介だ。他のインテルメッツォでの用例と比較することも出来ない。

根拠の無い直感で恐縮だが、ブラームスの至宝インテルメッツォイ長調op118-2の38小節目と106小節目に出現する「crescendo poco animato」に近いニュアンスだと思う。

« 完璧なクリプレ | トップページ | 祝備蓄1095本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: quasi stringendo:

« 完璧なクリプレ | トップページ | 祝備蓄1095本 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ