ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 哲学博士 | トップページ | 財産の分与 »

2010年1月22日 (金)

背番号

チームスポーツには最早欠かすことの出来ない要素だ。人気選手の背番号は、愛好家にとって大切な象徴になっている。選手のキャラと背番号は最早密接不可分だ。グッズの販売面から見てもないがしろには出来ない。

さてブログ「ブラームスの辞書」の第2次カテゴリー改訂が終わった。何でも詰め込んでカオスに陥っていたカテゴリーの整理が大きな目標の一つだった。たとえば旧体系で18番だったカテゴリー「作曲家」もその代表だ。ブログ「ブラームスの辞書」では、主人公ブラームスを大切にするあまり、他の作曲家の話題をカテゴリー「18 作曲家」に集約してきた。独自にカテゴリーを持っていたのは、バッハ、シェーンベルク、ドヴォルザークの3名だけだ。他の作曲家は、現在の世の中での重要度を無視して全部カテゴリー「18 作曲家」に収められた。

これが最近カオスになっていた。たかだか1700本程度の堆積でもカオスなのだから、最終的なゴール1万本になったらきっと決壊するに決まっている。カテゴリー「18 作曲家」の整理は差し迫った問題だった。

独自のカテゴリーを付与する作曲家を少々増やすことにした。ご覧の通り新体系では300番台がそれに当てられている。カテゴリー「300 作曲家」には「その他作曲家」を収める一方で、300番台の見出しの機能も発揮して貰う。問題は新たに付与する作曲家のカテゴリーをどのような順番で表示するかだ。生年順、アルファベット順にすることも考えたが、後からメンバーを加えようとすると、順番が乱れる。

そこで考えたのが背番号だ。スポーツチームのオーナー気分で作曲家に背番号を割り振るというノリをご想像願いたい。結果は以下の通りだ。

  • 301 バッハ
  • 302 シェーンベルク 
  • 303 ドヴォルザーク
  • 304 ベートーヴェン
  • 305 シューマン
  • 306 メンデルスゾーン
  • 307 モーツアルト
  • 308 ショパン
  • 309 シューベルト
  • 310 ワーグナー  
  • 311 マーラー
  • 312 チャイコフスキー
  • 313 Rシュトラウス
  • 315  ヘンデル
  • 318 ヨハン・シュトラウスⅡ
  • 319 ビゼー
  • 320 ブルックナー

314、316、317などが欠けているが、本当は決まっている。追って明らかになって行くだろう。今後カテゴリーの引っ越しは発生すると思われるが、この背番号だけはずっと用いるつもりである。

当たり前のことだが、ここにブラームスが登場しない違和感を楽しみたい。

« 哲学博士 | トップページ | 財産の分与 »

コメント

<魔女見習い様

ありがとうございます。312番あたりを欠番にして「サポーターの皆様の番号です」とでもやるとなおいっそう盛り上がるのかも知れません。

素敵なアイデアですね!
アルトのパパさんの目の付け所は、いつも鮮やかです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/46801175

この記事へのトラックバック一覧です: 背番号:

« 哲学博士 | トップページ | 財産の分与 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ